今回は、将棋初心者が有段者になる為のトレーニング方法をご紹介していきたいと思います。

上達の秘訣①駒の動き・定石を覚える

まずは、駒の動きをしっかりと覚えなければなりません。当たり前と言えば当たり前ですが。

次は、定石を覚えていきます。

定石とは、簡単に言うとルールブックみたいなもので、相手がこう動けばこちらはこう動きますよ~

という事が書かれた道筋のことです。

私も当然、上達する前は初心者であったので最初は

「駒の動きは分かったけど、実際に試合でどう動かせばよいのか分からない」

という事が実際にありました。

そこで、それからした事はまずは定石を覚える事です。

定石を覚えていくと、一気に5級くらいまで上達したのを覚えています。

上達の秘訣②手筋を覚える

次は手筋を磨いていくことです。

手筋とは、簡単に言うと1手1手のセンスの事です。

しかし、最初からこの1手が良い!なんて事は分からないので

解説の乗っている本を読むと良いでしょう。

実際に読んでいくと、知らない1手や想像してない1手が出てきたりして

案外面白かったりします。

私が読んでいたのは

「将棋手筋 ~初段になる手筋~」ですが、こちらは中級編なので

まずは初級編を読んでみることをおすすめします。

 

上達のコツ③上手い人の試合を見る

昔は直接、将棋倶楽部などで試合を見るしか方法がなかったのですが

今はインタネットやスマートフォンが普及しているので

PCを使った対戦やアプリを使った対戦が可能です。

ただ、最初から他人の試合を見ても駒の動きなどが分からなかったり

対戦者がなんでその1手を指したのか理解しにくい場合もあるので

見る場合は、ある程度定石を覚え駒の動きや手筋を習ってからの方が

より上達すると思います。

上達のコツ④自分の得意な戦法を探す

定石を覚えていって実際に対戦をしていくと

この戦法だと勝率が良い、逆にこの戦法だと勝率が悪い、といった

勝ち具合が分かってきます。

そのため、まずは自分の得意な戦法をマスターしてそちらの勝率を上げていくようにしましょう。

その方が戦法の特徴や闘い方を一番理解しやすいし、勝てば勝つほど将棋が楽しくなってくるので

自分の得意な戦法を探す方がいいでしょう。

ただ、対戦する場合は自分とレベルの変わらない人と対戦するようにしてください。

大きくレベル差がある場合は、コマ落ちをしてやる対戦する必要があります。

上達のコツ⑤終盤の感覚を鍛える

最後に、初心者でも終盤の感覚を鍛える事が重要になってきます。

王様を倒す為に相手の駒をとる事は大切ですが、飛車や角だけに目がいって

飛車角だけ特別扱いで大切にしすぎていませんか?

最後には、王様を倒す事を目的としているゲームなので、あまり守ってばかりでもいけません。

また、終盤桂馬や香車が取れるからといって、むやみに取っていませんか?

駒がないから、戦力を蓄える意味で駒をとることは賛成ですが

何となく取れるから取る、といった行動はなるべくしないようにしましょう。

※私も一時期そんな時期があったので、最初はそうなりやすいですが・・・

 

継続してやっていくほど上達する

将棋の駒の動きや動かし方とは、すぐに覚えにくいです。

だからなるべく将棋に触れている時間が長ければ長いほど、将棋は上達します。

なので、鍛錬を怠らず、トレーニングを続けてみてくださいね。