大学の授業に関してはこちらの記事大学生の単位選びは取りやすいものからやるべき?で単位の所得に時間を割くのはもったいないと言っていますが、では大学では何を学ぶことが必要となってくるのでしょうか?そんな疑問を解決するために今回は大学の役割についてお話できればと思います。

大学の意味

大学の意味とは、社会に出ていく人が自主的に将来役立つための勉強をする機関だと思います。

その中でも大学で学ぶことの重要な事が

①遊び

②恋

③勉強

の3つだと考えています。

<大学で学ぶこと①遊び>

将来役立つための知識を得るために大学行くならば、遊びなんていらないんじゃない?

そう思う人もいると思いますが、自分の人生を豊かにするためには遊びは必須です。勿論、将来役立つための知識を得たいと思っている人は自分の人生を楽しくしたい・豊かにしたいと思っている人ですが、正直働かなくても良いほどお金を稼いでしまった後に仕事をし続けても、自分の人生楽しくないでしょう。稼いで時間の余裕ができればあとは遊ぶことが重要になります。

大学の間に遊ばないとどうなるか?正直遊び方を忘れます。日本人でも日本語話さなかったら、急に言葉が出ない・上手く表現できないといったことも起きるでしょう。そのカラクリと一緒で、遊ばなければ遊び方を忘れます。

ですので、まずは大学で自分の好きな遊びを見つけると仕事や将来のためのスキルアップの行動が、好きな遊びの確保のために見えてくるので仕事などが楽しくなってきます。

<大学で学ぶこと②恋>

大学で恋愛は1度はしておきましょう。最近、多様な考え方が出てきており、結婚とか恋愛とかどうでもよい風潮が出てきている印象ですが、時間のある大学の間で恋愛をしておく方が、社会人よりパートナーの大切さが分かります。社会人になると週5は働く人がほとんどなので、恋愛に時間を割いている時間が結構なかったりします。

また、自分の理想のパートナーを探す方ことで、将来悩みなどを打ち明けられる関係になるなど、自分の人生で困難な壁にぶち当たった時に心の支えにもなります。パートナー選びは自分の人生を左右する一大イベントですので、大学の時間のある時に恋の勉強をしておきましょう。

 

<大学で学ぶこと③勉強>

こちらは、社会に出て使うであろう知識の勉強です。学校の単位の勉強ではありません。

具体的にあげるならば、語学力、対人能力、行動力、観察力などが当たります。また、社会に出て間違いなく役立つ知識は商業系で学べる税金に関する知識・マネジメントに関する知識・財務に関する知識などです。

勿論、まだ他にも学ぶべきことというのは、たくさんありますが、大学で自分が磨く能力を決めて磨いた方が将来に繋がると思います。すでに目標がある人であれば、その目標を達成するために必要なスキル・環境などを整えること、また目標を見つけてない人は、まずは目標を見つけることからスタートすればより良い大学生活になると思います。