大学に入って4月に大学の授業のカリュキュラムを組んだ後に休む間もなくサークル選びの時期になると思いますが

「ぶっちゃけ大学生活でサークルっているの?」

という疑問に答えます。

 

サークルは1つの手段

大学に入って気になる、というか焦るのが友達問題。

その問題を真っ先に改善してくれるのがサークルだったりします。大学に入ったばかりだとコミュニケーション能力が高い人は少ないので、まずはサークルで安全に友達を作って大学生活を楽しむというのも十分だと思います。

私もサークルで出会った友達は4年間大学に在住している間、ずっと一緒にいた友達もいますし、大学生活を豊かにしてくれるものだと思います。

 

サークルって複数入るべき?

私はサークルを3つ入ってましたが、正直1つで十分です。時間にも限りがあるので、そんなに多くのサークル活動ができないことの方が多いので、活動できても2つが限界でしょう。

サークル3つの中で、大切にしていたことは

①気の合う友達がどのサークルに多いのか

②サークルの母数は少なくないか

③活動内容

この3つを見ていました。また、自分のサークル選びの基準は

「いかに仲の良い人が多い所にいるか」

という事を考えてました。まあ、勿論合わない人もいるのでコミュニケーション能力を上げてその人とも上手く付き合っていたという感じですね。というよりコミュニケーション能力が高くなればどんな人でも話せるので、一緒にいるのが苦ではなくなります。

サークル選びで大切にしていたこと

<①気の合う友達がどのサークルに多いのか>

サークル活動をしているとどうしても一緒にいる時間が多くなるので、一緒に居て楽しい人が多くいる所に間違いなく入るべきです。コミュニケーション能力は周りに味方を付けて安心できる友達を多く作ってから磨きに行くと悩みなどを聞いてもらえるので挫折する事なくスムーズに磨けるようになると思います。

<②サークルの母数は少なくないか>

仲間の多いサークルを見つけたら、今度は活動している人数の母数を見てください。活動数が10~20人と少ないとサークルが潰れるリスクがあるので今後学年が上がった時、仲の良い後輩ができにくくなります。また、サークルが潰れると居場所を失いかねないので、活動母数が多めの所に入った方が、楽しくなりやすいでしょう。

<③活動内容>

最後に見ていたのが、活動内容ですが、自分のやっている活動内容が楽しいという事を条件に選んでました。なので、私が所属してたサークルは、バスケ、旅行、ボランティアサークルでしたが、結局ボランティアサークル以外楽しくなかったので、他のサークルはすぐに辞めてしまいました。

サークルは自分の考え方や価値観のあった所を選ぼう

サークルで一番大切にしてほしいのは、人間関係だと思います。また、その中で自分の考え方や価値観の所を探して

自分の大学生活を楽しいものにしていきましょう。